わたしのダイエット日記

わたしはこれで痩せました。これで太れました。

昨今の国際結婚~

 

ええっ!? どないすんの・・・。

 

国際結婚って全くの他人事(ひとごと)でしたよ。

ニュースで聞いてても、全くの他人事だったので、ああ最近はそんな時代になってきたんだ、みたいに。

 

所が~!!  

我が家にその国際結婚の余波と言いますか、当事者が登場したんです!!

 

留学に出掛けるまではよかった。

そのうち結婚するだろうから、その前にやりたいことをやれば・・・・。

 

甘かった。

 

ある日のメールです。

『彼氏できたよ。』

ええっ?何よいきなり。

 

こっちにも心の準備があるのに・・・。

 

いちいち断りませんよね。普通は。

こんな人がいるんだけど、お付き合いしていいかな、なんて。

 

写メをみたら、アジアの人だと感じました。

何でも米台(べいたい)の日系2世らしい。

 

どれ位本気なんやろ?

そればかりか、GWに連れて来るという始末。

紹介するつもりなのは明らか。

 

いや、その後はどうする?

はっきり申し上げて、いえ申し上げるものじゃないので、申しませんが、前例のない事には身構えます。

おまけに、Japaneseは片言らしいし。

 

ああっ~!?

こんなことで悩ませるな!ともいえないし・・・。

 

今は少し落ち着いたんですが、まだくだんの2世さんとはまだ会えていない。

いつかは会わない訳にはいかんでしょう。

 

 

何かと思いめぐらしていると、いました!!

国際結婚した子供がいる友人が一人。

 

当時は大変だねとか言って、慰めとも感想とも取れないようないい加減な対応をしてました。

 

まさか、その内に自分が当事者になるとは夢にも思ってなかったですから。

 

今まさに、当事者になろうとしている事態に直面しています。

 

躊躇できなくなりつつあります。

優柔不断が得意な私でしたが、今度ばかりは逃げようもないので、家内と話し合って、結論らしいものを出さないととは思っている、今日この頃です。

 

まだ他人事だなー。

 

でも、この段になって最近感じてきたことがあります。

同じこの地球上に住む人間同士。

国際結婚だとか言わなくてもいい程の時代に生かされているんだなって。

 

身近な所でも、国際結婚はかなり一般的らしい。

クラスの中にも、お父さんやお母さんが外国人という子供達は確実に増えているようです。

 

世界平和って難しい感じですが、案外、身近な所から創り上げられるんじゃないか。そう思い始めてきたことが、不思議です。